延續傳統就是我們家的創新

伝統を受け継ぐことが私たちにとっての革新です

Keep Doing What We Have Done is Our Way of Innovation

  我一直確定著一件事,「做別人不願意做的事,正是崛起的契機,更是我們要把握的機會」,而"手工柴燒"與"古法釀造"正是御鼎興所堅持的契機,雖然這般堅持看起來很傻,不過我們已傻傻地做了60年,以每個月平均柴燒10鍋醬油來計算,每鍋可供600個小家庭的用量,吃過我們家的醬油的人數,已將近一個台灣,就一間小工廠來說,這份成就是我們的驕傲。在這樣講求快速的社會,慢活細工的醬油更符合時代的一種創新呢!

Keep Doing What We Have Done is Our Way of Innovation

 We always believe that what others don't do is the opportunity for us. Making soy sauce by wood-fired and slow brewing are very time consuming. It might sound silly that we have done this way for sixty years.

 In average, we produce 10 pots of soy sauce per month, which can provide 600 families to use. Nearly 2.3 million of people tried our soy sauce already. As a small factory we are proud of what we have achieved.

 Following the old method is our way to make it work!


伝統を受け継ぐことが私たちにとっての革新です

  「他人がやりたくない事こそが立ち上がりの転機。更にはチャンスを生かす」という事を私たちは信じ続けてきました。“手作りの薪火仕立て”と“伝統的な醸造製法”はまさに御鼎興が貫き続けたこだわりであります。このようなこだわりは決して効率的ではありませんが、それを私たちは60年間続けて参りました。毎月平均10釜の生産量で計算しますと、1釜で600世帯の小規模家庭の使用量をまかなうことができ、私たちの醤油を味わったことのある人数はすでに台湾の人口と匹敵する計算となります。これは私たちのような小規模な工場にとって最大の誇りであります。スピードを求める社会の中でコツコツと醤油作りを続けている私たちはまさに時代の革新者にふさわしいと感じております。